Code for Toyama Cityは、富山市民が持つ課題を、テクノロジーを使って解決を目指す団体です。

Code for Toyama Cityでは, 一緒に活動してくださる市民の方を探しています。活動にご興味のある方は, お気軽に問い合わせフォームや電子メール(codefortoyama@gmail.com)までご連絡ください。

最新情報は、FacebookやTwitterで配信しています。是非、「いいね」&「フォロー」をお願いします。

ブログ

OPEN DATA DAY TOYAMA2019

オープンデータデイは、誰もが自由に使うことができる「オープンデータ」を作ったり、 使ったり、考えたりするイベントを世界中の都市で同日開催するお祭りです(https://odd.okfn.jp/ より)。

 

富山市は、安全・安心のまちづくりを強化するため、街の色々な情報をつなぐインフラ「富山市スマートシティ推進基盤構築事業」を進めています。

そこで、オープンデータデイの富山市会場(3/2 13:00@TOYAMAキラリ)では、富山市スマートシティ推進基盤で”今より暮らしやすい富山市”を考えるアイディアソンを行いました。

 

まずは、スマートシティとはどんなものかを参加者の方に伝えるための講演です。長野県で10年以上スマートシティに取り組んでおられる、信州大学の不破先生から、児童見守り、防災、登山者保護など多くの具体的な事例を交えながら、ご講演をいただきました。機能面だけでなく、運用・維持コスト、人材育成など、持続可能なシステムになっているとこも、とても参考になりました。


引き続き、富山市情報統計課の藤澤課長より、富山市スマートシティ推進基盤の紹介です。富山市が進める基盤は、LoRaWANという方式を採用しており、市内98個所に中継機の整備が終わっており、居住エリアの98%をカバーする大規模な通信網になっています。ソフトウェア基盤にはオープンな基盤である”FIWARE”を利用しており、オープンなAPIによるスマートシティデータの利活用が期待できます。今年1~2月に行われたGPSを用いた実験結果や通信性能の実測結果などのデータも示されるなど、スマート推進基盤の実装した結果についてもご紹介いただきました。

 


続きを読む

トピックス

令和元年8月8日(木)地方創生×全世代活躍まちづくり検討会富山市視察の際、私たちの活動を紹介しました。その際のスライドがこちらになります。

Code for Toyama Cityは、Code for Nanto, Code for Takaokaと共に、地図などの空間情報と公共データなどを活用して地域課題の解決に取り組む「アーバンデータチャレンジ 2017」の活動拠点として, 昨年に引き続き, 取り組んでいます。

詳しくは、こちらをご覧ください。